便利な特約

問い詰める

現在では任意の自動車保険の多くに弁護士特約を付け加えることができます。 交通事故に遭って相手側に損害賠償等を請求する際には、弁護士に依頼することで示談交渉等を代理で行ってくれますが、その際にかかる費用や相談料を支払ってくれるのが弁護士特約です。 弁護士特約の保障内容は各社ほぼ一律で、相談料が最大10万円、弁護士費用が最大300万円となっています。ただし、保険会社によって人身事故、物損事故のどちらの場合も適用となるところや人身事故のみ適用など様々です。 弁護士特約の保険料に関しては1000円前後で付け加えることができますが、本人だけが運転する場合や家族も運転する場合などによって料金が異なるので確認が必要です。

交通事故によって相手にケガを負わせてしまった場合、交通事故の状況やケガの程度にもよりますが、損害賠償の額が数百万、数千万円になることも珍しくありません。また、死亡させてしまった場合にはさらに多額の賠償額を支払わなければいけなくなります。 自動車の運転に関しては、いくら自分が気を付けていても交通事故に巻き込まれてしまう可能性はなくなりません。自動車を保有する際には自賠責保険は必ず加入しなければいけませんが、自賠責保険は最低限の補償額となっているので、実際に交通事故を起こした際はそれ以上の賠償額となってしまうことも多々あります。そのため、交通事故での経済的負担を軽くするために、任意の自動車保険に加入することが重要になります。